ニキビに悩む人必見!ニキビ治療にアグネスをおすすめする理由はこれだ

ニキビ治療はたくさんありますが、その中でもアグネスという治療法が注目されています。どんな治療法かを調べました。

ニキビ治療アグネスの治療の流れとは?

on 2019年1月13日

最新のニキビ治療と言われるアグネスは、どのような流れで行われるのでしょうか。

ある美容皮膚科クリニックで行われているアグネスを使ったニキビ治療の流れをご紹介しておきます。

これからアグネスを受けようと思っている人は参考にしてくださいね。

・炎症性ニキビの場合

炎症性のニキビ治療の流れをまとめておきます。

まず、皮膚の表面に麻酔をします。(麻酔クリームを塗ります)

次に皮脂の圧出をします。

これは簡単に言うとニキビを潰すことです。

そして毛穴に微細極細針を刺し、通電して皮脂腺を破壊します。

その後、メルティング、RF照射といったアフターケアを行い、翌日か翌々日に再度圧出して終了です。

治療中には特に痛みを感じることもないようです。

針を刺す時に少しだけチクッとするくらいでしょうか。

・白ニキビや黒ニキビの場合

白ニキビや黒ニキビの場合は、表面麻酔から圧出、通電までは同じですが、その後は特に何もしません。

通電が終われば終了です。

白ニキビの状態は、炎症性ニキビになる前段階とも言えるので、 この段階で処置しておくとひどくならずに済みます。

・何回くらい治療すればいい?

アグネスでのニキビ治療は、何回くらいすれば良いのかですが、炎症性ニキビの場合、1回でもかなりの効果が感じられますが、おすすめは3回から5回だそうです。

1か月から3か月に1度のペースで治療を行えばかなり良くなると言われています。

そうなると、気になるのが料金ですね。

次は料金について調べてみます。


Comments are closed.