キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 不動産担保ローンでは、どんな不動産を扱えるの? : 不動産担保ローン先生

不動産担保ローンでは、どんな不動産を扱えるの?

不動産担保ローン先生

不動産担保ローンでは、親族名義や共同名義なら、自分以外の名義の不動産でも担保に入れることができます。

不動産担保ローン先生メイン画像

不動産担保ローンでは、どんな不動産を扱えるの?

不動産担保ローンとは、不動産を担保にお金を借りるというものです。

ですから、大前提として担保に入れる不動産がある必要がありますよね。

でも、自分名義の土地や建物などの不動産を持っている方はいいですが、不動産は何分高いものですから、自分で持っていない場合もあります。

そのような場合、その不動産は担保に入れることができるのでしょうか。

多くの場合、担保に入れる不動産は自分名義でなくてもOKというところがほとんどです。

ただし、誰の名義でもいいというわけではありません。

親や子、兄弟、親せきなど親族名義になっている、もしくは自分も共同名義人になっているという場合には、不動産担保ローンの担保とすることができます。

会社によっては、連帯保証人を用意する必要がある場合もあります。

実際に不動産担保ローンの申し込みを考えているなら、まずは相談から始めてみるといいですね。

よかったらコメントをお願いします。

ペンネーム

URL

性別

男 /

コメント